top of page
  • 執筆者の写真Go to English

Go to Englishの英検対策

更新日:2月12日


さて、この国には「英語が話せます!」と胸を張って言える人がどれくらいいらっしゃるでしょうか。

日本が英語に関してかなり遅れをとっていることは周知されていることですが、その大きな理由に英語をコミュニケーションツールとしてではなく「科目」と捉える慣習があるからだと考えています。

科目にはテストがつきまといます。

「語学は会話で使えてなんぼ!」のはずですが「読み書きはしっかり、会話の練習はおろそかに」を安定して行う日本の英語教育。

定期テストでは「使えるかではなく解けるか」が問われ、出てきた点数は会話力を加味していません。


世界的な語学学校運営企業のEFエデュケーション・ファースト(スイス)が、英語を母国語としない国を対象に、2023年の「英語能力指数」ランキングを発表しました。

日本は過去最低の87位(113カ国中)となり、過去11年低下の一途を辿っています。

特に若い世代の英語力低下が目立っていたことは、日本の英語教育は未だ改善されていない残念な裏付けとなりました。


世界的に通用する英語資格はTOEICやTOEFLですが、日本でポピュラーな英語テストは英検です。

Go to Englishでは「使える英語」を皆様に身につけていただきたいと考えているため、率先して英検受験をおすすめしているわけではありません。

ただ、多くの学生さんまた保護者の方は英語力を測るものとして英検を意識され、また受験に有利になることから受験を目指される方がいらっしゃいます。

ご希望の場合はもちろんレッスンでサポートをさせていただきますが、「英語が話せると英検に合格する!」でもなければ、「英検に合格すると英語が話せるようになる!」でもありません。

また英検は日本でしか通用せず、海外では使えない資格です。

英検を取得する必要性についてよく考えてから取り組むことが大切です。


一つ言える英検のメリットとして、お子様にとって英検の二次試験(Speaking Test)は、今後経験することになる中学、高校、大学受験、アルバイトや就職の面接のためのいい訓練になります。


受験前に会場の場所を調べ、自宅からの行き方や所要時間を調べる。

大切な試験なので遅れないよう万全の準備をして早めに家を出る。

早く着きすぎた場合、どのように時間をつぶすかを考える。

携帯電話の電源を切る。

問題を解く際、時間配分に気をつける。

解答後に時間が余ったら見直す。

お子様には少々ストレスですが、のちにいい経験となります。

受験会場に着いてから私に電話をくれる生徒さんもいます。

「今、到着しました。あと15分あります。何かできることありますか?」

受験後に報告の電話をくれる生徒さんもいます。

「今終わりました!●●はできたけど、〇〇は2個間違えた気がする!」など。

その都度、英検を通じて生徒さんの成長を感じています。


当校の英検対策はプライベートレッスンです。

受験する級だけではなく、それぞれにウィークポイントや課題が異なるため、グループよりプライベートの方が効率がいいと考えるからです。

また英検対策を受けられる場合も「英会話」を欠かさぬよう、外国人講師が英検対策を行います。

リスニングに関してはリーディングやライティングの特訓中も必然的にリスニング対策になっているため、当校の生徒さんは特別なリスニング対策をしなくても、リスニングの得点が高くなるのが特徴です。


一次試験(筆記試験)対策は自宅で行い、二次試験(面接)対策にだけ単発で通われる生徒さんもたくさんいらっしゃいます。

当校には予約制があるため、「英検の二次試験前だけ2~3回通う」という通い方も大歓迎です。

当校では、ドアをノックして入室するところからリアルに二次試験対策を行います。

英検の二次試験ではスピーキング力を試すのが本来の目的ですが、どのような分野に分けて配点されているかを見てみましょう。


Reading→英文の内容が伝わるように、個々の単語の発音や意味の区切りなどに注意して読めているか。


Q and A→与えられた英文とイラストに関する質問にどれだけ適切な表現でもって答えられているか。受験者自身に関する質問では質問を正確に理解した上で対応した答えを述べられているか。


Attitude→入室から退室までのやり取りの中で積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度が見られるか。


Go to Englishでもこの3点に気をつけて面接対策をしているため、ドアをノックするところから始めてアイコンタクトの大切さも伝えています。

私が特に生徒さんの成長を感じるのはこの面接対策を受けられた後です。

自信をもって受け答えをすること、頑張って習得してきた英会話力を最大限に魅せること。

質問の内容がわからない場合、ごまかさずに丁寧に聞き返すこと。

入室と退室のマナーも身につけて本番に挑まれる生徒さんは、とてもいい顔をされています。


そして先日、当校に長く通ってくださっている中学3年生の生徒さんが、英検準一級に合格されました。

数年間毎日毎日、本当によく取り組まれていました。

合格証書を胸に抱えてスクールに来てくれた時のその顔は、1週間前の顔とは違っていました。自信に満ち溢れキラキラされていたんです。


英検合格はゴールではありません。

残念ながら英検2級に合格しても、自分の思いを全て話せるようにまではなりません。

英検を一度も取ることなく、今現在英語を使ったお仕事をされている方もたくさんいらっしゃいます。


「英語を通じて自信を身につけ、自分をもっと好きになってもらいたい」。

私たちは、特にお子様に対してこのような想いでレッスンに取り組んでいます。

お子様ご本人が英検受験を望まれる場合は、それも自信をつける一つのきっかけになるかもしれませんので、応援させていただきます!


英検対策をご希望の方はプライベート料金でいつでも始められますし、テキスト等購入不要です。

ご希望の方はいつでもご連絡ください(*^-^*)




閲覧数:57回
bottom of page