• Goto English

「あかん」はNoか?

今日もブログを見てくださり、ありがとうございます。Go to EnglishのAyaです。

これまで「この大阪弁、英語でなんて言うの?」を17コマ書かせてもらいましたが、これがなかなか楽しく、生まれて初めて書くブログが趣味になりつつあります。

昔から人間観察が好きで妄想癖のある私は、通りすがる人たちの関係性、またそこに繰り広げられる会話を勝手に想像して楽しんでいました。その癖(?)をようやく活用できるときが来ました!(笑)


今回は大阪弁を英語に訳すとどうなるかというテーマに沿って書いています。

1フレーズだけをクローズアップするのではなく、会話調にする方がニュアンスを汲みやすいのではないかとこのスタイルで始めました。

大阪生まれ大阪育ちの私が物心ついた時から話している大阪弁ですが、このブログを書きながら大阪弁がいかに難しい言葉であるかを発見したのです。


例えば、大阪の方なら一日に何度も口にする「あかん」。

「こらこら、走ったらあかん。」(禁止。)

「この暗証番号でもあかん。」(不能。)

「私、セロリあかんねん。」(不得意。)

「早く家出なあかん。」(義務。)


「あかん」一つ訳す場合も、上記の4通りでは全く意味が異なるため当然英訳も変わります。

講師にこの大阪弁の違いを説明しながら、「普段こんなに高度な方言を使っていたとは。」と気づかされるのです。

皆さんもこのブログを読みながらケースバイケースの大阪弁の訳を楽しんでくださいね。


#箕面英会話 #英会話スクール #箕面

箕面 | 英会話

7回の閲覧

最新記事

すべて表示