• Go to English

Go to Englishで学ぶ日常英会話 大阪弁編64

更新日:5月17日

ただいまー。」

「こら、何時やと思てる。」

「ごめん、遅なった!」 「門限を30分も過ぎとるやないか。」 ちゃうねん、聞いて。靴ずれになって駅まで走られへんかってん。さらに電車乗ろうと思ったらケリーから電話あってな、電車の中で電話してたらあかんやろ?だから、ケリーが話し終わるまで乗られへんかってん。ごめん、パパに遅くなるって電話すればよかったんやけど‥.」

「はいはい、ああだこうだ言い訳はよろしい。明日から一週間、門限は6時や。」 「えー、それはないわー!」


DaughterHi Dad.” Dad “Hey, what time do you think it is now?” Daughter “Sorry. I’m late!” Dad “It’s 30 minutes past your curfew.” DaughterI know, I know, but listen. I couldn’t run to the station because I got blisters on my feet. And then, just before I was gonna get on the train, Kelly called me. We can’t talk on the phone while on the train, right? So, I had to wait until she was done talking. I’m sorry, I should’ve called you to let you know I was gonna be late.” Dad “Yeah, yeah. Shoulda, coulda, woulda. I’m moving your curfew to 6pm starting tomorrow for a week.” Daughter “Whaaat? That’s too harsh!”


解説

大阪弁で会話の始めに「ちゃうねん」が来る場合、自己弁護の始まりと捉えていいでしょう。

ここでは、「わかってる、わかってる、でもさ」= “I know, I know, but”と表現しました。

「ただいま」と「ああだこうだ言い訳はよろしい。」の訳についての解説はまた次回に続きます^ ^


#箕面英会話#英会話スクール#英会話教室


箕面 | 英会話

59回の閲覧